自社ビニールハウスで九条ネギを育てています

 

 

先日、九州・沖縄のJNN系列で放送されている「世界一の九州が始まる!」

という番組でも紹介されたBUIKシステムで生成した有機肥料を使用して、

自社ビニールハウスで九条ネギを育てています。

 

 

BUIKシステムは微生物の力で生ゴミを分解醗酵させ、

約8時間で堆肥化させる画期的な仕組みです。

堆肥の「BUIK内城菌」が農地を活性化させます。

 

 

(紹介された内容はこちらから)

 

(紹介された動画はこちらから)

 

 

 

CIMG4993

弊社ビニールハウス

 

 

「BUIK内城菌」は単一菌ではなく様々な働きをする50種類以上の複合菌で構成されており、

環境にあわせ土中微生物の生態系を作り出し農作物を作る最適な土壌環境を作り出します。

 

堆肥後1~7日の醗酵期の途中で糸状菌による菌糸が、

水を与えたところに発生している様子が下の写真からわかると思います。

 

CIMG4999 CIMG4998

 

微生物の力により土壌の地力が上がり、

農作物栽培において大きな成果が上げられます。

 

 

「BUIK内城菌」がまんべんなく混ざるようによく攪拌し水をまいて、

種から育てた九条ネギの植え替え作業を行いました。

その後もう一度水をまいて作業は終了です。

 

収穫は7月頃の予定です。

 

CIMG5002

 

CIMG5007  CIMG5009

17年05月30日